実用的な知識を豊富に学べるゲームの専門学校に通ってみませんか?

実用的な知識を豊富に学べるゲームの専門学校に通ってみませんか?

様々なコースで夢へのサポートをしてくれるゲーム専門学校

講習を受ける

ゲーム開発に携わるポジションは一つだけではありません。企画やプログラミング、グラフィックなどいろんな人が協力してゲームを開発しています。そのため、ゲーム業界で働く人材を育成する専門学校も、こうした複数のポジションで活躍できるようにコースを設けています。同じ専門学校でも通うコースで得られる知識や技術は変わるので、まず自分がどんな分野で活躍したいのかを明確にして専門学校やコースを選ぶようにしましょう。そうすれば、将来なりたい夢に向かって邁進していくことができます。
よく専門学校に通う意味はないなどという人がいますが、決してそんなことはありません。専門学校は第一線で活躍するプロから直接指導を受けられる環境にありますし、設備も整っているので独学よりもはるかに効率的に学ぶことができます。また、ライバルの存在も自分を強くしてくれます。一人だと自分の現在のレベルがわからないので、井の中の蛙になってしまいます。
ゲームを学ぶコースは学校によって二年や四年など複数の年数のコースがあることがあります。これは、自分のレベルに合わせて選ぶと良いです。あまり基礎知識がなければ長い方がじっくり学べますし、基礎的なことを理解しているなら短期で集中した方が無駄がありません。

ゲーム好きで将来制作の仕事に就きたいなら専門学校を選ぼう!

ゲーム好きの方はゲームの専門学校に通ってみませんか。ゲームの専門学校へ行くことで、自分の好きなことを仕事にする第一歩になります。ゲームの専門学校のカリキュラムとしては大まかにいうと、1年目はゲームの製作の基礎を学び、徐々に専門的な知識を習得していくという流れになります。まず、ゲームの専門学校を選ぶ際に必要なことは、自分がどの方向性でゲーム制作に関わっていきたいのかを明確にすることです。自分はどのようなゲームが好きなのか、どのようなゲームを作りたいのか、ゲーム制作にはどのような知識や技術が必要とされているのか、自分が知識や技術習得をするにあたって継続できそうな分野かどうか、自身の将来像のイメージをすることが重要です。また、学校も2年制、3年制、夜間授業等様々な種類があるのでよく下調べをし、自分に合った授業スタイルを選ぶと良いでしょう。費用面の考慮も必要です。親に学費を出してもらうのか、自分で負担するのかにもよりますが、事前に費用を確認し、費用対効果でより良い知識、技術の習得が行える学校を選んでいくと良いです。オープンキャンパスや体験入学を利用し、実際の雰囲気を学ぶことでモチベーションアップにもつながり、より良い学校選びができると思います。

ゲームの専門学校に通ってプロを本気で目指そう

ゲーム業界にもいろいろな仕事がありますが、ゲームの開発技術を学びたい人はゲームの専門学校がおすすめです。ゲームの専門学校ではいちはやく現場を経験することができる可能性が高いです。ゲームの業界では大学卒、専門卒などの学歴なども関係なく、実力しだいで多くの人にチャンスが与えられます。ゲームの会社形態にはゲームパブリッシャー、ゲームデベロッパーなどがあります。パブリッシャーはゲームの企画や宣伝、販売などを中心にお仕事をしている会社です。一方でデベロッパーは実際にゲームを開発する会社です。どちらに就職するにもゲームの専門学校で勉強することは活かすことができます。開発のスタッフにもプログラマーやCGデザイナー、プランナーなどの職種があるので専門学校でコースを選ぶさいには将来を考えて専攻を決めていくことをおすすめします。とはいえ専門学校を選ぶ段階ではまだ自分が具体的にどんな職種に向いているか分からないというかたは、色々な学校のホームページを見て実績や卒業生の体験談などをじっくりと目を通してみることも大切です。実際に通った人ならではの貴重な意見を見つけられる可能性があります。学校見学をする際には学校のスタッフの方に質問したいことを前もってメモしておくなど準備をしてから見学をすることをおすすめします。

イチオシ

コントローラーを操作する

ゲームを専門学校で学んでみよう

みなさんは幼い頃、ゲームをしたことはありますか?おそらくほとんどの方が、一度はしたことがあるのではないでしょうか。「趣味」や「好き」ではなく、お仕事にできるなら一石二鳥、いや、それ以上かもしれま…

MORE